[SEO]リライトはしてからが重要!リライトのパフォーマンスを上げる3つのチェック

SEO対策

リライトのパフォーマンスを上げる為の施策

 

こんにちはアフィリエイトママです。

突然ですが リライトした後に ちゃんとリライトした効果が出来ているかチェックしていますでしょうか?

リライトした後は

ふーリライトしたよ!これでいいんでしょ!順位あげてよ!上位キープしてよ!

ってただのアフィリエイトの運用業務のようにリライトしただけで満足してしまいそれで

終わりにしていませんか?

ちょっと前までそうでした・・・。

 

リライトする事はSEO対策で有効と言われていますが

リライトした後でページの速度が低下したりリンクが外れてしまったり

マイナスの効果になっている事もよくあり得ます。

リライトで記事に悪い影響がでてないか?

リライトが実際に効果でているのか?

リライトした内容とその効果はどの位か?

などをチェックする事は

今後の自分自身のサイトやブログをリライトするうえでもとても重要です。

 

リライトした後での細かいチェックやキーワードを記録して分析する事は

リライトの品質を上げる重要なポイントになります。

なので リライト後のページの状況をよく観察してリライトの質を高めていくように努力しています。

 

実際に私のサイトの稼ぎ頭ページ(1ページで最高月10万PV)のページに関しては
ずっと定期的なリライト(2ヶ月に1回)を繰り返しています(2年前からビックキーワードで常に5位以内をキープ)
ページの属性にもよりますが この稼ぎ頭ページについてはこの定期的なリライトがこの順位をキープしている1つランキング要因になっているのではないかと思います。
リライトとは
リライトとはその名の通り記事をre(再)Write(書く)する事、
新しい情報を追加する事の他にも、文章を治したり、削除したり画像を差し替えたり、文節をチェンジする事もリライトという。
順位を上げたり、上位順位をキープしたりSEO対策にも効果があるといわれています。
気分がのらない時の運用リライトのすすめ
リライトって聞くと いろいろ考えなきゃ、構成練りなおすのかー。
という風に重たい気持ちになったりする時はいいリライトはできません。
気分がのらない時は
代名詞を置換したり校正を確認したり ゆるーい運用リライトをおすすめします。

リライトして終わりではない、リライトしてからのチェック項目

リライトしてから 最低3回 リライトの影響をチェックする事をおすすめします。

リライト直後

リライト直後は基本的な項目をチェックします。

特にリライトした事によるPVの低下などのリライト事故を防ぐチェックはしっかり行いましょう!

 

  • 基本的なリライト部分の文章のチェック(前後の文節と比較して何か不自然でないかチェック)
  • 誤字・脱字のチェック
  • 画像リンクのチェック
  • アフィリエイトリンクのチェック
  • 読み込み時間のチェック
  • ページの速度のチェック
  • リライト内容を記録しておく!

 

誤字脱字はリライト時によく見受けられます、私は 大絶賛⇒大絶叫と書いてしまって意味不明な文章になってた事があります。

 

 

 

■誤字・脱字のチェックは当たり前のことですが実はちゃんとできていない人も多いです、必ず行いましょう。

 

リライトで力尽きちゃうんだよね

■アフィリエイトリンクのチェックこれはちゃんとできていないと収益につながるのでしっかりチェックしてください。

後からまとめて確認しようと思っても、忘れてしまったりします、

でも時間がたつとリンクが切れてたり、古くなってたりするので

リライトするたびにページ全体のアフィリエイトリンクのチェック&見直しをする習慣をつけるのもおすすめです!

■リライト内容を記録しておく!こちらはかなり大事です。

サイトリニューアルもそうですが、

ちっちゃいリライトした後にどんなリライトしたかをメモしておくのも大切です。

 

リライト内容を記録

このリライトのメモがのちのちのリライトライフに影響します!!ダイエットもそうですが、自分にあったやり方を見つけていく事がいい結果への最善の道しるべになります。

メモは ソース管理ツールでもスマホのカレンダーでも手帳でも自分が使いやすいやりやすい方法でいいと思いますが。

 

私は Googleアナリティクスの メモ機能を使う事をおすすめします。

何よりこちらは無料で使えますし。

無料って素敵な響き

メモの内容とPVの遷移グラフと一緒に見る事が出来るからです。

 

GoogleアナリティクスでリライトメモとPVを一緒に追う

Googleアナリティクスのメモ機能×セッション

上記のグラフでは2018年6月に新規投稿した「ページのPVとメモ」を時系列に追って検証しています。

PVの変化とどんなリライトをしたかなどのメモを一緒に確認する事で

どんなリライトが効果あったかや どんなリライトはまり効果なかったか なども追う事ができます。

またリライトの詳細以外にGoogleアップデートなども何があったかなども簡単にメモに登録しておくと後から振り返りやすいです。

リライトと離脱率・滞在時間を一緒に追う

Googleアナリティクスのメモ機能×直帰率

Googleアナリティクスのメモ機能はリライトログのチェックがしやすいです。!

上記のグラフでは2018年6月に新規投稿した「ページの直帰率とメモ」を時系列に追って検証しています。

このグラフからはリライトのタイミングで直帰率が改善されていくのがわかります。

ページのPVと同じようにGoogleアナリティクスのメモ機能を確認しながら

この直帰率×リライトメモを見る事で

今回のリライトは

▶リライト後に離脱率上昇している傾向がある

▶リライト後に離脱率の変化が見られない

などの判断基準の一つの指標になります。

 

同じようにコンバージョン率滞在時間ユーザー属性など絞り込みを行いながら時系列に増減を確認する事もできます。

 

 

Googleアナリティクスでメモを登録しておくと

リライトの効果が瞬時にチェックする事ができるのでたいへんおすすめです!

 

リライトのメリット・デメリットの動向をつかんだら

そして それを次の記事に生かすという事が

他の人のリライトの効果より 自分自身のリライトの道しるべになります。

 

 

Web戦略やSEO対策は基本的な事以外の最適化はサイト事に異なると思います。
サイトが100あったら、その施策も100通りです。なので何をやったのが一番効果が出るのは、自分自身のサイトと向き合う事が一番近道であると思ってます。

後から行うリライトチェック【7日後編】

7日後に行うチェック

  • 滞在時間の変化
  • サイトの速度
  • 直帰率・離脱率
  • ヒートマップのチェック
  • PV(7日後はPVはチェックしません)

 

これらのチェックを7日後に行う理由

■滞在時間の変化と■直帰率・離脱率のチェック リライト後に直帰率・離脱率や滞在時間が著しく悪化していた場合早めに対応できる為7日後に必ず実施(1日2日のデータで検証は難しい時があるので7日後)

■サイトの速度 キャッシュが残っていたりする為直後だと早すぎるので7日後にチェック■ヒートマップのデータが反映される時期なのでヒートマップのチェック

■PV(7日後はPVはチェックしません) ドメイン効果が高いサイトは直後から結果でたりしますが基本7日後は検索順位がまだ落ち着いていないので検索流入によるPVのチェックは不要

 

リライト×滞在時間とは
ユーザーが閲覧した滞在時間 コンテンツ量を増やしているのに滞在時間が変わらない または減っている場合は見直しの必要あり
リライト×サイトの速度とは
ページの読み込みにかかる平均時間(秒単位)読み込み時間が増えると離脱率の悪化や検索順位の悪化につながります。大幅に増えている場合は、リライト時に追加したコンテンツの原因でないか必ずチェックを。
  1. 滞在時間が長いのはリライトが成功している

SEO論で滞在時間は余り関係ないという説もありますが

私は滞在時間が長くなるのは検索順位でも有利な傾向だと思っています。

私のサイトでは滞在時間の上昇とページの評価は比例している傾向がある感じを受けました。

 

滞在時間が伸びるというのはより検索意図に合っている内容を提供している』

という事がいえると思うからです。

 

もちろん 滞在時間が短くても『検索意図に合っている内容を提供している』場合ももちろんあります。

なので 滞在時間をのばすのが目的ではなく

 

リライトして文章量を増やし内容を濃くした場合は必ず滞在時間が上がっている事を確認します。

 

リライトを基準に考えた場合、

もともとの滞在時間よりリライト後に滞在時間が伸びるという事は リライトとして成功したと思っていいのではないでしょうか?

後から行うリライトチェック【1か月後編】

1ヵ月後に行うチェック

  1. PVチェック
  2. キーワード別順位変動

 

ここで初めてお待ちかねのPVチェックです!

PVチェックをすぐではなく1ヵ月後に行う理由は

検索エンジンにリライトが認識されて検索順位の変動も安定
リライトの場合は1ヶ月は検索順位が落ち着いてきて来る頃だからです

新規ページだったら3か月後もチェックします

また1ヶ月のデータがあると曜日の比較ができる事によって増減値をチェックできる為。

比較の精度があがるからです。

7日後だと、曜日などの変動値に左右されやすい為検証し辛いです

また季節、時期変動が激しいサイトの場合は適した時期のチェックが必要です。

 

ページ単位や全体のリライトメモはGoogleアナリティクスにメモしていますが、キーワードを狙ったリライト時のリライトメモは検索順位チェックツールGRCを使っています。
これは見やすい&ページごとにメモができるのでリライトしてから効果が出た時期など一目で確認できるのでおすすめです。
リライト GRC

キーワードを狙ったリライトではGRCの項目メモがおすすめです。

[まとめ]リライトしてからが大事

リライトしてもうリリース!おしまい!

ではなく リライト後の数値を追う事でリライトの効果が見えてきます。

その数を積み重ねていく事で、今後どういう風にリライトすれば

より高いリライト効果が得られるかが感覚でわかるようになります!

いいね!そうなったら立派なリライト職人だね!

なので 面倒ですがリライト後の分析をめんどくさがらずに行う事をおすすめします!

 

リライトするページに迷ったらこちらのSEOツールを使ってみてください。

 

【SEOツール】あなたのキーワードのクリック率を10秒でチェックします!
あなたのサイトに来ているキーワードのクリック率が平均以上か平均以下か10秒でチェックします。 クリック率(CTR)の改善はアクセス数に直結します!クリック率が平均より低いという事は必ず理由がありますのでそれを追求してキーワードやディスクリプションの見直しをしましょう!SEO対策時短ツール

 

こちらは少し前に作成したSEOツールで、検索順位に対してのCTR(クリック率)の偏差値を抽出します。

タイトルディスクリプションリライトするページ選定の際に使ってみてください!

 

 

 

アフィリエイトママのリライトに対するこだわり

さいごに自分自身のTwitterのつぶやきを見直したら

リライトについてのつぶやきが多かったので一部ご紹介します

 

 

 

 

ここでのSEO論はあくまで自分のサイトの分析結果や調査をもとにした アフィリエイトママ個人見解である事をご承知おきください。少しでもサイト・ブログ制作の参考になれば嬉しいです。

コメント